スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幻の時計Ⅱ

幻の時計「ブレゲ」の続きで~す。


よく聞かれますが、時計商のあなたが欲しい時計のブランドは?

って言われたら即答で「ブレゲ」と「パテック・フィリップ」と答えます。

そのブレゲのあらゆる機能を詰め込んだ夢の複雑時計が復刻されました。

P7171804.jpg

では、どんな機能が詰め込まれてるか!

・自動巻き
・2重のパラシュート装備 (落としたり、ぶつけた時の衝撃をやわらげる機構)
・パワーリザーブ48時間 (ゼンマイの巻上げ残量を針で示して後何時間動くかわかる機能)
・ミニッツリピーター (ハンマーがゴングを打ち音色の数で時を告げる機能)
・永久カレンダー (日付表示が4年に一度のうるう年まで自動的に修正する機能)
・金属寒暖計 (温度計)
・クロノグラフ (ストップウオッチ機能)
・均時差表示 (真太陽時と平均太陽時の差を表示する機能)

この機能はすべてブレゲが発明もしくは改良したものなんですよ。

1827年!今から180年も前にこんな時計!作ってたんですよ~!!

機械式ですよ!  天才でしょ!

あ~見てみたい!

アラブの王様が買っちゃうのかな~。


タイムプラネットby村松時計店
  <時計修理一番店>
スポンサーサイト
  1. 2008/07/18(金) 20:20:25|
  2. 店長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よみがえった幻のブレゲ

ブレゲといえば時計好きにはたまらないブランド!

時計の歴史を200年縮めたと言われる天才時計職人ブレゲ!

その中でも幻といわれる時計がこれ。

P7171805.jpg

1783年フランス王妃マリー・アントワネットからの

「この世で最も美しく、そして最も複雑な時計を作って欲しい」との

オーダーを受けてブレゲが製作したモデルです。

しかし、フランス革命がおこり完成したのは18年後の1827年。

マリー・アントワネットはこの時計を手にすることはありませんでした。

その後この時計は数奇な運命をたどり1983年にイスラム美術館より

盗難にあい、それ以降は行方不明のままです。

P7171807.jpg
これは現存する希少な写真です。

なんと!なんと!その幻の超複雑時計が、ふたたび作られ、数年の時を経て

完成しました。

スゴ~イ!ほんとスゴイ!

価格は未定だそうですが・・・・いったい何億円するのだろう?

続きは次回に・・・・。


タイムプラネットby村松時計店
  <時計修理一番店>




  1. 2008/07/17(木) 23:17:06|
  2. 会社案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計師の粋

時計のケースの中には2枚の金属板が入ってます。

この板は短い柱で支えられて一定の間隔を保ち機械を保護する

役目もあります。

2枚の板のうち文字板のすぐ裏側の板を地板と呼び、

もう一枚を全板などと呼びます。

P7081780.jpg


これは全板にチョーチョの彫が施された珍しい時計です。

年代も古いので彫自体がスゴク良いわけではないですが

ダイナミックなバランスに圧倒されます。

P7081781.jpg


なんとも粋な時計ですネ。

タイムプラネットby村松時計店
  <時計修理一番店> 
  1. 2008/07/08(火) 19:18:43|
  2. 昭和レトロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。