スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時計の原点

「時の記念日」第2弾!
やっぱり、時を知る事の原点からはじめますネ。
今は、どこを見渡しても時間を知る事が出来ますが、
古代、人類がはじめて時を知ろうとしたときの苦労と知恵と創意工夫はとんでもなく大変だったと思います。
P6030127.jpg
これは江戸時代の携帯用の日時計です。日時計の歴史は、紀元前5000年までさかのぼり、時計の歴史のはじまりです。そして太陽の出てない夜用に水時計、火時計、砂時計が伝えられていきました。それもスゴク正確で半日で誤差が15分以内だったそうです。紀元前にですよ~。 
          P6030130.jpg
これは天保の時代の懐中日時計です。直径5センチ                        P6030126.jpg
だけど、日本でこの日時計を使ってた時にスイスでは、あの天才時計師ブレゲが「マリー・アントワネット」の注文で超複雑機械式時計を製作してた事が一番スゴイかも。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/03(日) 23:33:32|
  2. 店長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時計屋の原点 | ホーム | 元祖デジタル!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://timeplanet2.blog104.fc2.com/tb.php/21-07e0075b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。