スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トゥールビヨン

超珍品のトゥールビヨン懐中時計
トゥールビヨンとは縦や横などの時計の姿勢差によって、重力の影響で精度が狂うのを補正するメカニズム。非常にハイレベルな時計師が時間をかけて作る超複雑時計などに装備されます。
この時計1本でマンションが買えちゃう位のお値段です。

P7110315.jpg

トゥールビヨンは「時計の歴史を200年早めた男」と言われた
天才時計師ブレゲが発案した機能です。

P7110316.jpg

メーカー不詳ですが超レアものです。
ちなみに日本ではトゥールビヨンを作れる時計師は存在しませんでした。
なぜでしょうか?
もっと正確なクォーツ時計を発明してしまったからです。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 01:29:04|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タヒチパール | ホーム | 夏まつり>>

コメント

クォーツよ進化せよ!

いつの間にクォーツは安物の代名詞になってしまったんでしょう。
せっかく開発しながらまた機械時計の復活で高級市場を奪われてしまいましたね。国内メーカーはもっと自信を持ってクォーツの復活に邁進すべきです。迷って中途半端な機械式など作ってもスイスの後塵を拝するのみでミットモないです。悔しかったら100万円のクォーツを作ってみなさい。金無垢だから高い、なんてのはだめで本来のメカニズムにあっと驚くような機構、機能を付加したものを。。。。ガンバレ made in Japan.
  1. 2007/08/03(金) 13:47:24 |
  2. URL |
  3. modena #-
  4. [ 編集]

modenaさま

コメントありがとうございます。
クオーツ開発国として更に進化して欲しいですね。
今はソーラーに電波、スプリングドライブに力を入れてます。
スプリングドライブとは、機械式時計同様に、ゼンマイの解ける力を動力源としながら、水晶振動子からの正確な信号によって精度を制御するセイコー独自の駆動機構です。
電池もモーターも使わない、エコロジーウォッチです。
日本の最先端ウオッチもこれからブログに書いていこうと思います。
  1. 2007/08/04(土) 14:44:30 |
  2. URL |
  3. 村松店長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://timeplanet2.blog104.fc2.com/tb.php/50-747020e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。