スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電池の液もれ

電池式クオーツ時計の修理で一番多いのは
電池の液漏れによる故障です。

取扱い説明書には
「寿命の切れた電池を入れたまま放置すると、液もれなど
  時計に悪い影響を及ぼすことがありますので早目の交換を」
って書いてあります。

しかし、うっかり
忘れちゃうんですよね~。


PB120920.jpg


これが腕時計用の小型電池です。
左側の電池が液もれした電池です。
液は乾燥して白い粉状になって機械に入ったり、接触不良などで時計は止まってしまいます。

PB120923.jpg


こうなりますと分解掃除が必要になり修理代もそれなりに掛かってしまいます。
止まったら早めに電池交換してください。
使わない時計でしたら電池だけ抜く事も出来ますよ。



タイムプラネットby村松時計店
スポンサーサイト
  1. 2007/11/17(土) 18:30:55|
  2. 修理について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | コルム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://timeplanet2.blog104.fc2.com/tb.php/71-30274d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。